生命保険って何ですか?

2016年11月02日
photo-1461686935642-0023fdb6f7f4

生命保険の役割ってなんですか?

死亡や病気・ケガへの備え

日々生きていく中で、家族全員が健康で平均寿命まで生きられる保証はありません。死亡や病気・ケガ、介護など予期しない出来事で「経済的に生活が困難になったり、思い描いた生活が実現できなくなる」。このように万が一のことが起きた時でも生活の安定、維持を可能にするものが保険です。これは保険の本質であります。

将来のための資金の備え

生命保険は将来に必要となる資金、教育資金や老後資金など、必要な時期や目的に合わせて準備する手段としても利用することができます。

例えば一家の大黒柱である方が若くして死亡すれば経済的損失は計り知れません。しかし、順調に年齢を重ねて生き続けることができたとしても生活するお金は必要です。

死亡と同時に老後の備えも考えていきましょう。

保険は「相互扶助」により成り立っています。

生命保険は大勢の人が公平に保険料を負担しあい、いざというときに給付を受ける、大勢の人による「助け合い」「相互扶助」の仕組みで成り立っています。

not-ludo-1745954_960_720

関連記事
  • 関連記事はありません
記事に関連するタグ
投稿ユーザー