生命保険の選び方(遺族生活費編)

2017年01月20日
%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%b4%e3%81%a4

生命保険に入るタイミング、最も多いのは・・・

 

生命保険の遺族生活費編になります。「葬儀代編」をまだご覧になっていない方は、まず「葬儀代編」からこちらをご覧になってください。

 

生命保険に入るきっかけは「社会人になったとき」より多いタイミングがあります。それは「結婚」と「子の出産」です。子の時が最も生命保険が必要となってきます。

 

子を出産してママになった女性は、子供に対する危機管理能力も一緒に誕生しますので生活の基盤となるパパの身に何かあったら・・・と考え始めることでしょう。

あってはならないことですが、パパに万が一のことがあったら遺された家族は一体いくらの生活費が必要になってくるのでしょうか?ここでは夫が死亡した場合の生活保障について具体的に説明していきます。

皆さんは生命保険の保険金額はどのように選びましたか?

・言われるがままに加入した。

・保険担当者がこれくらいあれば大丈夫って言ったから。

・なんとなくこれくらいあればいいかなって思って決めた。

※このような理由で加入した方は要注意です。

正しい加入順序を3人家族の石川県在住/金沢家を例にすすめて参ります。

金沢市在住:住宅は持ち家

金沢太郎30歳/会社員

金沢花子30歳/主婦

金沢一郎0歳/長男

生命保険を考える際の順序は以下の通りです。

公的保障

  ↓

預貯金/流動資産

  ↓

生命保険

公的保障や預貯金を考えて、それでも足りない部分を補うために生命保険を使う、生命保険を最後にするのがコツです。

<公的保障・遺族年金と遺族厚生年金>

国が保障する死亡保障は遺族年金と遺族厚生年金などがあります。どの遺族年金になるかは、死亡された方の職業や収入によって変わります。また遺族年金を貰える遺族の範囲や条件も種類によって変わります。サラリーマンの方は厚生年金保険料を給料から天引きされているかと思います。自営業者の方は国民年金となり国民年金保険料を納付するかたちとなります。

いわゆる年金は現在だと65歳から貰える予定となっていますが、それ以外に亡くなったときや障害状態になったときにも受け取ることができる保険となっています。

・老齢年金(老後保障)

・遺族年金(死亡保障)

・障害年金(障害保障)

年金には3つの保障がありますが、ここでは遺族年金を具体的にみていきます。

<遺族基礎年金>

遺族基礎年金を受け取る場合には、年金保険料を納めていることが条件となってきますが、一番のポイントは18歳未満のお子さんがいることです。

例にある金沢家の場合は0歳の一郎くんがいますので遺族基礎年金は支給されます。しかし子供のいない夫婦2人の家庭で夫が亡くなった場合は遺族基礎年金は支給されません。

受取額

遺族基礎年金の受取額は以下の通りです。
遺族基礎年金金額

引用元:日本年金機構(遺族基礎年金)

例えば金沢家の場合、夫の太郎さんが亡くなった場合78,100円プラス子の加算224,500円を合わせて

年額/1,004,600円受け取ることができます。(月額83,716円)

お子さんが誕生した時点で最大約1800万円の保障がつくことになります。(100万4600円×18年)

<遺族厚生年金>

遺族厚生年金(遺族共済年金)は遺族基礎年金と大きく違うところは子供のいない妻でも支給されることです。

受取額は亡くなった方の収入や時期、妻の年齢などによって細かく分かれます。イメージとして遺族基礎年金プラスαと思ってください。

受取額

遺族厚生年金は厚生老齢年金の3/4を受け取ることができます。

しかし厚生老齢年金は今まで支払ってきた保険料によって受け取れる金額が異なります。また収入によっても金額が変わるため計算が難しく仕組みが複雑です。

かんたんに調べる方法としては「ねんきん定期便」をチェックしてみましょう。

ねんきん定期便は毎年誕生月に送られてくるハガキですが、ここに加入実績と金額が記載されています。

このハガキの「これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額」を見てください。金沢太郎さんの場合、そこには200,000円と記載がありました。

皆さんもこれまで支払った保険料に応じた厚生年金の金額がそれぞれの記載があるかと思います。

加入期間が25年未満(300ヶ月)の方も大勢いらっしゃるかと思います。

<25年のみなし加入措置>

遺族厚生年金には特典が付いています。

年金加入期間が25年未満で亡くなった場合は、特別に25年加入していたものとみなします。これを「みなし加入措置」といいます。つまり加入して8年しか経っていない人でも25年加入していたものとして計算します。

したがって遺族厚生年金の計算式は以下のようになります。

これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額÷加入月数×300月×3/4

これを金沢さんに当てはめてみます。

20万円÷120ヶ月×300ヶ月×3/4=375,000円

遺族基礎年金:1,004,600円

遺族厚生年金:375,000円

合計すると年額137万9600円となります。(月115000円)お子さんが誕生した時点で最大約2483万円の保障が付いていることになります。

この遺族年金こそが生命保険の組み立てる上での基礎となります。

<生命保険を組み立てましょう>

金沢家では太郎さんがサラリーマンのため毎月115000円の公的保障が付いていることが分かりました。

金沢家の現在の生活費は北陸地域の消費支出の平均と同じで毎月336,600円となっています。

夫が亡くなった場合の生活費は現在の生活費の7割で計算するのが一般的です。したがって336,600円の7割で235,620円の予測がたちました。

235,620円ー公的保障115,000円

不足額:120,620円

よって民間の生命保険では月12万円の収入保障保険を加入する方向に進めることができました。

新築購入した住宅ですが、購入時に団体信用生命保険に加入したため、夫が死亡した際に住宅ローンが免除になる保障は付いているので住宅に関しては考える必要はありません。

遺族の生活保障はひとまず安心となりそうです。

<まとめ>

いかがだったでしょうか?まずは公的保障がどのようになっているか確認することが重要です。なんとなく3000万円の保険に入っていたり、1000万円の保険に入っていたりだとサイズが合っていないことになります。洋服だと当然サイズの合った服を選ぶように、保険にもサイズがあります。まずは適正値をしっかりと把握しましょう。

<補足>

自営業者の方や国民年金に加入の方は遺族基礎年金のみとなりますが子供が18歳になるまでしか支給されない点も含めて十分な対策が必要となってきます。民間の生命保険でしっかりと対策をしましょう。

関連記事
  • 関連記事はありません
記事に関連するタグ
投稿ユーザー